【実食】ルミトロンの食パンのレビューと種類と値段も調査!

ルミトロン食パン食べ比べ 開店・閉店

食パンのお店が増ましたね。

パンが大好きなので、パン屋さんが新しくできたと聞くとワクワクして、いつ行こうか計画を立てながらニヤニヤしてしまいます。

ルミトロンいりなか店は家からは少し遠いのですが、どんな食パンか気になったので、買いにいってきました。

スタンダードな食パンを買ってみた感想、食パンの種類や値段も調査してみたので紹介しています。

 

ルミトロンいりなか店

ルミトロンいりなか

住宅街の中にある小さなお店です。

ルミトロン定休日

3月は月曜日が定休日だったようです。

オープン直後の月曜日に行ったんですが、お店が休みで何も買えずに帰宅しました。

ルミトロン駐車場

お店の前に3台ほど駐車できるようになっています。

こんな感じでマークが付いています。

場所についてはこちらの記事を参考にして下さい。

 

ルミトロンの食パンは1斤と小さいですが、高級カナダ産小麦100%で作られています。

小さなパン型の良さ、それは食パンを短い時間で焼き上げることができ、中がしっとり仕上げるためのようです。「毎日、当たり前においしい食パンを食れるように」と考えられた、暮らしに寄りそう街の食パン専門店です。

プレーンと山形食パンのパン・ド・ミで悩みましたが、プレーンの食パンを買って帰りました。

 

食パン”プレーン”の感想

ルミトロン食パン

食パンにはプレーンとパン・ド・ミの2種類ありますが、今回食べたのは「プレーン」です。

パン・ド・ミは山形食パンで、空気を含むように焼き上げているんですが、今回はもっちり感を味わいたくて、プレーンにしてみました。

ルミトロン重さ

測ってみると530g。

1斤と考えると、なかなかの重さですね。

 

ルミトロンプレーン

パンを切ってみました。

密度が濃い感じで、包丁が進まなくて切るのが大変でした。もっちり感に期待が高まります。

ですが、期待していた小麦の香りはしませんでした。これにはちょっとがっかり。

ルミトロン生食

生で食べてみようとちぎってみたら、モチモチでなかなかちぎれなくてびっくり。

生で食べてみると、もっちりとしていていますが、小麦の香りは感じることができません。甘さは抑え目です。

ルミトロン

3分ほどトーストすると、少し小麦の香りがしてきました。

ですが、部屋の中に広がるような感じではないのが残念。

もっちり感は期待通りで、甘みも強くないので、朝食向きのスタンダードな味わいです。

市販の食パンは添加物の臭いがしますが、それが一切ないのはとてもいいです。

パン屋さんでも添加物を含んでいる食パンもあるので、「毎日、当たり前においしい食パンを食れるように」と考えられたことを考えると、バッチリなんではないでしょうか。

1斤という大きさもちょうどいいかも知れませんね。

 

食パンの種類と値段について

ルミトロン看板

食パン 1斤300円

パン・ド・ミ 1斤320円

チェダーチーズ食パン 1斤720円 ハーフ400円

小倉あんこパン 1斤520円 ハーフ300円

レーズン食パン 1斤550円 ハーフ320円

シナモンアップル食パン 1斤550円 ハーフ320円

などもあるので、ハーフで買ったりして色々試しても楽しいですよね。

値段にもばらつきがあるので、自分の納得の食パンを見つけるのも楽しいですね。

 

まとめ

「毎日、当たり前においしい食パンを食れるように」と考えられたことを考えると、1斤という大きさもちょうどいいかも知れませんね。

値段も大きさも朝食に手軽に食べれそうです。味を変えてみても楽しめそうですよ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました