「あのときキスしておけば」最終回ネタバレあらすじ結末予想!

あのキス最終回 ドラマ

第1話で桃地(松坂桃李)と唯月巴(麻生久美子)が出会い、いい感じになりかけた矢先に不慮の事故で唯月が亡くなってしまします。

唯月の無念さなのか、事故のあった飛行機に乗り合わせていた田中マサル(井浦新)に唯月の魂が入れ替わってしまいます。

そして1話目でタイトルが回収されてしまう展開に驚いてしまいました。

気になるのはオジ巴で、巴は、マサオはどうなってしまうのか!?

オジ巴の中身が唯月だということは唯月の母、元夫の高見沢(三浦翔平)マサオの奥さんである田中帆奈美(MEGUMI)に理解してもらうことができました。

理解したことで、桃地と高見沢は三角関係に発展します!

「あのときキスしておけばよかった」の最終回&結末が気になってしまいますよね。

そこで最終回のネタバレあらすじを予想してみたいと思います。

 

あのときキスしておけばよかったの最終回ネタバレあらすじ予想


出世願望も恋愛願望も持っていない独身男性・桃地のぞむ(32歳)。

唯一の趣味は家にこもって漫画を読むことです。

桃地は勤務先のスーパーで大好きな漫画「SEIKAの空」の作者・蟹釜ジョーである唯月巴に出会います。

偶然が重なり、桃地は唯月にハウスキーパーとして雇われ、2人の距離は急接近します。

 

 

最終回あらすじ予想

急接近したんだけど、タイトルの回収をしてしまいます!

桃地は「ちょっと僕…」と拒んでしまい、「あのときキスしておけばよかった」と。

ここからなんとか、桃地と唯月のラブロマンスになるのかなと思った矢先に、桃地と唯月が乗った沖縄行きの飛行機が事故に!

悲しいことに、唯月だけが亡くなってしまったのです。

しかも、同じ飛行機に乗り合わせていた田中マサオに唯月の魂が入れ替わってしまいました。

田中マサオは桃地が勤務するスーパーの清掃員だった事実が判明。

最終回で3人はどうなってしまうのでしょうか?

桃地とオジ巴の恋の行方や、マサオの今後が最終回の予想のポイントになりそうです。

 

 

入れ替わりは戻る?

入れ替わりが戻るということは、巴がいなくなることになってしまいますが、最終回ではタイトルを返上する内容になるのでは?と思います。

「あのときキスしておけばよかった」と初回に後悔することになった桃地ですが、その後悔を払拭するんじゃないかと予想。

オジ巴に困惑していた桃地ですが、元夫とダンスバトルをするくらいには巴の存在を肯定してきていて、桃地はオジ巴との関係を大事にします。

オジ巴は「SEIKAの空」の続きを描いていましたが、きちんと終わらせることにします。

オジ巴という今の状況が永遠に続くとは思えないし、いいことだとも思えなかったのでは。

お話は終わらせることができましたが、入れ替わりを解くという問題は体が亡くなってしまっている巴には解決できそうにもありません。

解決するには、成仏するしかないと覚悟を決めます。

 

田中マサオの苦悩

奥さんと息子が登場しましたが、マサオが抱える問題は何か?

唯月がマサオの日記を読んで、マサオの妻に渡していました。

この日記には何が書かれていたのか?

沖縄行きの飛行機に乗っていたマサオの行動を読み解くカギになりそうです。

 

時間がない

入れ替わりの時間に限りがあることに気が付き、オジ巴と桃地は大事に時間を過ごすことにします。

「あのときキスしておけばよかった」と後悔していた桃地ですが、姿は男だというこだわりを捨てることが最後はできたんじゃないでしょうか。

後悔をいい思い出に変えれた巴に時間が迫り、マサオの身体から巴の魂が抜けてしまいます。

マサオの身体にマサオの魂が戻ってきますが、記憶のないマサオは何があったのか分からない。記憶喪失状態。

桃地は余韻でマサオにハグでもしそうですが、気持ち悪がられそうです。

 

 桃地の今後

巴がいなくなって落ち込む桃地。

ですが、オジ巴との生活や関係を通して、今までにない経験をした桃地は、ポンコツからの脱却を決意します。

色んなチャレンジをしてみて、一生懸命生きていく決意をします。いなくなってしまった巴の分まで!

仕事も前向きにとらえることができるようになるんじゃないでしょうか。

 

まとめ

「あのときキスしておけばよかった」の最終回ネタバレあらすじ予想を紹介してみました。

オジ巴がこのままとは考えることができませんでした。

ただマサオの魂が無事に戻ってくるかは、怪しいんじゃないかとも思います。マサオの家族との関係は修復されるのかも気になるところです。

この物語のハッピーエンドを見届けたいですね。

最終回のネタバレあらすじも追記の予定です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました